カテゴリー別アーカイブ: 商品のご紹介

カトマンズで絶対にオススメのお土産屋さん!「ネパール ガネーシャ」を紹介します。

カトマンズでオススメのお土産屋さんを紹介します。

 

世界遺産パタンのダルバール。

そのすぐ近くにある、ネパールのお土産屋さんの中ではとっても有名なお店。

 

「ネパール ガネーシャ」

 

オーナーの日本人女性のセンスを感じさせるとても素敵なお店です。

ここの魅力はとっても綺麗なディスプレイ!

ついつい楽しく盛り上がってしまいます。

 

こちらのお店のコンセプトは、

「日本に帰ったら、ばら撒けるお土産」。

ですので、安価で小さめなばら撒きやすいお土産がバッチリ揃っています。

ガイドブック「地球の歩き方」に紹介されている「お土産コレクション」にあるグッツもたくさん揃っています!

パタンを観光の際には是非訪ねてみてください。

 

こんな有名店「ネパール ガネーシャ」様に当社のコーヒーも扱っていただけることになりました。

上の写真、ドリップバッグのパッケージは、最近のイチオシ商品です!

ネパール滞在中のホテルやトレッキングのお伴に最高です。

他にもお土産用のコーヒーがあります。

 

パタンにお越しの際は、お土産屋さん「ネパール ガネーシャ」まで是非足を運んでみてください。

 

「ネパール ガネーシャ」

年中無休

営業時間9:15~18:00

ネパールで収穫した日本米『ねぱまい』お取り置き予約を受け付けます!

 人気急上昇中の日本米『 ねぱまい 』 !

現在ネパール在住の日本人や韓国人たちの間で人気急上昇中のお米。

『ねぱまい』

 

当社コーヒー屋なんですが…日本人や韓国人のお客さんに紹介したく、店頭で販売して来ました。

「日本の稲がネパールの豊かな水で育ちました」

 

このキャッチフレーズの通り、日本から持ち込まれた品種の米を栽培して作った「ネパール産の日本米」です。

 

このお米、とっても美味しいです!

日本で食べるそのへんの日本米よりもずっと美味しい日本米が、ここネパールで頂けます。

 

当店の『ねぱまい』はまだ精米したて。

どうぞ美味しいうちに、お召し上がりください!

 

[現在の販売価格]

1kg : 220ルピー

5kg: 1000ルピー

 

実は最近すぐに売り切れてしまいます。

「お問い合わせ」ページより、事前の在庫確認やお取り置きに対応致します。

どうぞご利用くださいませ。

 

完成!『ラトナ・ヒマラヤン・ルアック』ネパール産ルアックコーヒーを飲んでみる

  先日見つけた宝物! ネパール産ルアックコーヒー。

先日見つけたルアックの糞らしきパーチメントコーヒー。

インドネシア産で有名なあの幻の超高級コーヒーのネパール 版。

06A855FE-C4C0-455A-AAB9-DC6968E00E21

ここから取り出した生豆が完成しました。

AA483CC4-2862-43C8-B841-E59D1620BDFE

ついに焙煎して飲むことができます。

 

ネパール産ルアックコーヒーを初焙煎!

今回は少量なので「煎り上手」という焙煎器具を使います。

B43BA69B-4F9D-4EBB-85AF-9443F83D08EA

 

47693F8D-5253-4A5E-9220-3266F7E5D08C

うーん!なかなか良い感じに焙煎できました。

焙煎中には普段のコーヒーよりも一層甘い香りが。

 

煎りあがったコーヒー豆、シワの色は白っぽく明るい色ですので、ウォッシュド精製のもののように見えます。

ルアックが食べることですぐに果肉が除去されることを考えると、ウォッシュド精製に近いのかもしれません。

でもそのまま水洗いはしないわけですから…パルプドナチュラルの要素も…ということは…、名付けて腸内パルプドナチュラル??

ルアックコーヒーでいいですね。

 

焙煎した豆を見てみますと、通常の焙煎豆よりも不思議なツヤツヤ感のようなものがすごいです!ワックスが塗ってあるかの様。

なぜでしょう…ルアックのお腹の中でしばらく過ごした豆だからなのでしょうか。

観察はこのくらいにして、飲んでみたいと思います。

 

ネパール産ルアックコーヒーを頂きます!

飲む前に、勇気を出して…まずは一粒、直接食べてみました 。

(動物の糞を始めて食べました…)

 

うん…、通常のネパール 産コーヒーの味とそれほどかけ離れてはいないお味です。

 

それでは、ペーパードリップで淹れて頂きましょう。

 

96B283CD-2BC1-44C3-9AFD-B160B89ED184

ちょっと少なめですが、遂に完成です。

命名 「ラトナ ヒマラヤン ルアック!」

 

さて

飲みます!

 

美味しいです!!

味の質としては通常のものとそれほど変わりません。

ナッツ系の香ばしさにチョコ系の甘みが広がるいつもの美味しいネパールコーヒー。

 

でも、なんでしょう…すごい!すごいコクがあります!

コクというか、マイルドなオイル感のような独特な口当たり。

通常の精製とは明らかに違う口当たりと後味でした。

 

いつかこれを商品化したいと思います!

「ラトナ ヒマラヤン ルアック」

お楽しみに〜!

 

 

 

 

「コーヒー摘み体験ツアー!」 in ネパール・ポカラ

ポカラ観光を予定しておられる皆様へ

コーヒーチェリー摘み体験ができるツアーのご案内です。

日本語ガイド付き。ポカラスタートの日帰りコース。

※収穫期の1月から3月中に限ります。

ご自分で摘んだコーヒーチェリーから作ったコーヒーが、約3ヶ月後に日本のご自宅に届きます! (焙煎豆200g)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【1日のスケジュール】

9:00 : ポカラ、マレパタンのお店に集合 !コーヒーを飲みながら少しだけコーヒーについての説明。

9:20 :  車で約30分、コーヒー農場までのドライブ。

10:00 :  コーヒー農場へ到着後、現地スタッフのご紹介、農場敷地の説明、コーヒー摘みのガイダンスの後、コーヒー摘みのスタート!

12:00 :  昼食。現地のオーガニック野菜を使ったネパールランチをご賞味ください。

13:30 :  精製過程の体験。 精製方法に応じた精製プロセスを行います。ウォッシュド精製を望みの方はパルピングマシンを使って果肉をむいていきます。

14:30 : コーヒーをいただきながら今後の精製過程のご説明。

チェリーを摘んだその日にできるのはここまで。この後のプロセスは当社が行います。メールやSNSにてその後のプロセスを写真レポート致します!

15:00 :  農園を出発。

15:30 : ラトナコーヒーに到着後、解散。

約3ヶ月後 : 焙煎が完成したコーヒー豆が日本のご自宅に届きます。

ーーーーーーーーーー

 

【費用】 お一人様 :  6,800円

(2名様以上で承ります)

費用に含まれるもの: 朝のウェルカムコーヒー、ラトナコーヒー店から農園までの行き帰りの交通費、体験代、機械使用料、昼食代、午後のコーヒー、焙煎豆200g、焙煎豆のご自宅への宅配料金。

 

お申し込みは、「お問い合わせ」ページからどうぞ!

image

ポカラ発!ネパール珈琲100%のドリップバッグ発売中!

日本では大抵の人が知っているドリップバッグコーヒー。

お湯を注ぐだけで、あっという間に美味しいコーヒーが頂けます。

6D501E16-F5D5-4DD1-AF94-841BAD8FD967

 

ネパールコーヒー100%のドリップバッグです!

 

日本人以外の方にもイメージしやすいように、

「 Filter Bag System 」と名付けてみました。

 

ネパールコーヒーを日本製のドリップバッグフィルターに一つ一つ丁寧に包みました。

一食あたり9.5gのコーヒーが入っています。一般的なドリップバッグは7〜8gですので、濃いめでお得。

 

ネパール滞在中のホテルで、トレッキングコースで、そしてお土産に。どうぞご活用ください!

ポカラ・マレパタンのラトナヒマラヤンコーヒーにて販売中です。

image

image

ラトナオリジナルカップ!入手可能になりました!

ついに日本での購入が可能になりました!

ラトナヒマラヤンコーヒーにあたらしいラインナップです。

ネパールの古都ティミの陶器工場より、ラトナヒマラヤンコーヒーが特注した手作りのかわいいオリジナルカップ。

色は、それぞれ 黒、白、青、黄 があります。

ラトナコーヒーカップ

写真の色と実際の色は多少違いがあります。

こちらは、カプチーノカップです。↓

カプチーノカップ

プレートは、コーヒーカップに またはケーキ皿などいろいろな使い方ができます♪

プレート

こんな使い方はいかがですか?

S__50241555

S__50241557

ご注文の場合は、こちらから↓

完売の品については、お手数ですが「お問合わせ」からご連絡ください。

tyumon

ネパールコーヒー輸入の際はご注意ください。

image

隣国インドのコーヒーが輸入され、ネパール高標高地のコーヒーとして市場に出回っています。

日本に輸入の際には仕入れ・精製ルートをよくご確認ください。

 

収穫、グレーディングから乾燥まで機械化され大量生産されているインドコーヒー。現在ほぼ全てが手作業のネパールコーヒーは価格的に全く太刀打ちできません。

現在ネパール産はインド産の2倍以上の値段に。(生豆)

そのためインドから生豆を仕入れてネパール産オーガニックコーヒーとして販売する手法がネパール国内横行中です。

ポカラ、レイクサイドのカフェで「ネパールオーガニックコーヒー」として扱われているコーヒーもほぼ8割が実はインド産。

今の所、このような産地偽装がネパール国内で取り締まわれることはない現状です。

郡のコーヒー庁は「インドのコーヒーをネパールのコーヒーと言って売っちゃダメだよ〜」と把握しているにもかかわらず、軽く助言をするだけという…。

今後もしばらく改善されそうにありません。

image

中にはネパール産の生豆とインド産の生豆を混ぜて売っていると噂になっている輸出業者もあります。

一時的な儲けに走っている一部の業者のためにネパールコーヒーの味が間違って発信されてしまうのは非常に残念です!

これまでのマーケットを失ったコーヒー農家や農協もこの状況にどう対応するか頭を悩ませている様子。

悲しい現実です。

 

ネパールコーヒーを輸入の際は十分にご注意ください。

 

当社はあくまでもネパール産を扱っていきます。

産地農協まで特定できるようパーチメントで確認して仕入れていますが、精製過程をよりしっかり確認する必要が生じています。

 

 

 

 

 

身も心も温まる手作りのカプチーノカップ完成! ー 陶器の街ティミより第二弾!

当社特注のカプチーノカップが完成しました!

前回と同様、ネパールを代表する陶器の街ティミでの製作です。

 

 

色は全4色ですが、今のところ完成したのは3色のみ。

1色だけ今回ご紹介します。

image

image

image

 

職人さんの繊細な手の業で生まれる柔らかい印象。

ティミの手作り陶器、相変らず素敵です!

 

今回は前回以上に職人さんとも直接話しをして、細かいことを言って注文させていただきました。

一生懸命頑張ってくれたことが今回の陶器の完成度に表れています。

職人さん、ありがとう。

 

カプチーノカップとして一般的な220cc仕様。

諸事情により…まだソーサーがないのが残念なところですが…

ソーサーも現在準備中です。

 

ポカラ店で販売中ですが、早速一目惚れして買って行ってくださる方も多数おられ、なかなか好評いただいています。

このカップでネパールコーヒーを味わいながら、ネパールを少しでももっと好きになってくれる人がいれば嬉しいです。

 

今後YAHOOショップ内での販売も準備中。

乞うご期待!

 

新名称は「FILTER BAG SYSTEM」日本人にお馴染みのドリップバッグ!

ネパールでも知られつつある「ドリップパックコーヒー」

お湯さえあればどこでも気軽にレギュラーコーヒーが味わえる素晴らしいアイディアです。開発された先人たちに感謝です!

これまでラトナヒマラヤンコーヒーでは、ポカラのレイクサイドやトレッキングエリアを中心にマーケティングを進めてきました。

欧米をはじめアジア各国から訪れる外国人旅行者の中には、初めて知るドリップパックに興味を示される方がたくさんおられます。

「さすが日本人!日本のアイディアとテクノロジーは素晴らしい!」とか言われますと、やはり嬉しくなるものですね。

これまで当社で「DRIP PACK」という名称にて販売してきたこの商品ですが、今回のパッケージのリニューアルに伴って名称を変更することに致しました。

日本人ならすぐにイメージできる「DRIP PACK」という言葉。多くの欧米人や地元ネパール人にはピンとこない様子。特に「DRIP」、ドリップパックとかドリップコーヒーとか私たち日本人はよく使う言葉ですが、どうもしっくりこない外国人が多く…

そこで、新名称「FILTER BAG SYSTEM」

商品と名称がしっくりくる!と今のところ評判は上々です。

image

右上金色の丸型部分には唯一のネパール語表記で、「ネパールのオーガニックコーヒーと日本のテクノロジーの衝撃的融合」みたいなことが書かれています。

親日家のネパール人の心をつかむフレーズ!…を目指してみたのですが、実際のところはどうなんでしょう…消費者の反応を観察していきたいと思います。

裏面はこんな感じです。

image

QRコードはネパール語版ドリップパックの作り方動画に飛びます。

商品がお店に並んでいる様子は、また別の機会に。

 

 

☆高級グレードのネパールコーヒー生豆☆ラトナコーヒー

image

 

ネパール カスキ郡 アディカリ村農協    2015年 ニュークロップ

ブルボン種   スクリーンサイズ15-17 ウォシュド精製  天日乾燥

 

image

細心の注意を払って欠品豆を取り除いています。

image

日本での販売は現在準備中です。

詳細についてはメール????にてお問い合わせください。

事前予約も承っております。