ratnacoffee のすべての投稿

【コロナ最新情報2020/6/30】新型コロナ感染者の増加は止まらず。ロックダウンも継続中です。

3月24日に始まったネパールの全国ロックダウン。丸3ヶ月が経過しました。

3月24日、当時新型コロナ感染者数は2人。

「ネパール政府発表の5月22日現在の累計感染者数は487人。」と書いたのがロックダウン開始して2ヶ月後。今から1ヶ月程前。

では、現在の状況です。

———————————————————

6月27日、政府発表のコロナ感染者情報

感染者合計: 12,772人  回復者数: 3,013人  死者数: 28人

———————————————————

10日程前に、当社のあるカスキ郡ポカラにも感染者が認められました。

このような状況ですが、最近政府は経済的な面を重視したロックダウンの緩和措置を始めました。

今後まだまだ感染は広がっていきそうです。

私たちのポカラの焙煎所とカフェは引き続き休業中ですが、2020年冬から春にかけて収穫されたニュークロップは精製プロセスを終えて順調に届き始めています。

ネパールでのロックダウンの継続により、ニュークロップの日本での販売はまだしばらく後になりそうです。

去年収穫分の生豆、焙煎豆の日本でのご購入は下記のYahooショップにて承っておりますので、引き続きご賞味ください。

【コロナ最新情報・2020/5/22】ネパールは新型コロナ感染者が激増中。ロックダウンも継続中です。

3月24日に始まった全国ロックダウン。丸2ヶ月が経とうとしています。現在のところ6月2日までの継続が決定されています。

ネパール政府発表の5月22日現在の累計感染者数は487人。

以下に添付の大使館メールは5月18日に送信されたもの。当時の感染者が292人でした。

この1週間で感染が勢いよく拡大しています。

インド国境のエリアで新規感染者が激増しています。

当社の本拠地ポカラでは、現在感染者は出ていません。

【日本大使館からの注意喚起】

– 以下転載内容 –

ネパール政府の新型コロナウイルス感染拡大の予防措置(ロックダウンの延長)について

(ポイント)
●報道によれば,ネパール政府は17日の閣議において,新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として,ロックダウンを6月2日(火)まで延長することを決定したとのことです。

在ネパール大使館の注意喚起(安全情報20-45)

ネパール政府の新型コロナウイルス感染拡大の予防措置
(ロックダウンの延長)について

1 報道によれば,ネパール政府は17日の閣議において,新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として,ロックダウンを6月2日(火)まで延長することを決定したとのことです。

2 また,ネパール保健・人口省によれば,ネパール国内でコロナウイルスにより2名の死亡者が確認されたと初めて死亡者が発表されました。なお,感染者数は同発表によれば,292名の感染者が確認されております(治癒した人数は36名)。
(ネパール保健・人口省)
https://heoc.mohp.gov.np/update-on-novel-corona-virus-covid-19/

【コロナ最新情報・2020/5/7】ネパールは全国ロックダウンの再延長決定。

3月24日に始まった全国ロックダウン。再延長することが決定されました。

ネパール政府発表の5月6日現在の累計感染者数は99人。(治療中77人、治癒22人、死者0人)

インド国境のエリアに新規感染者が増加しています。

当社の本拠地ポカラでは、現在感染者は出ていません。

【日本大使館からの注意喚起】

– 以下転載内容 –

(ポイント)
●報道によれば,ネパール政府は6日の閣議において,新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として,ロックダウンを5月18日(月)まで延長することを決定したとのことです。
●同じく報道によれば,ネパールに発着する全ての国際線フライト及び国内線フライトの運航停止を5月31日(日)まで延長することを決定したとのことです。

在ネパール大使館の注意喚起(安全情報20-38)

ネパール政府の新型コロナウイルス感染拡大の予防措置
(ロックダウンの延長,国際線及び国内線フライトの運航停止の延長)について

1 報道によれば,ネパール政府は6日の閣議において,新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として,ロックダウンを5月18日(月)まで延長することを決定したとのことです。

2 また同じく報道によれば,ネパールに発着する全ての国際線フライト及び国内線フライトの運航停止を5月31日(日)まで延長することを決定したとのことです。

3 5月5日の報道によれば,外出制限の指示に従わなかったとして,同日午前6時から午後5時までの間に,警察により1,500人以上が警察の取締り対象となっている他,多数の車両が押収されているとのことです。皆様におかれましては不要不急の外出を控えていだだくようお願いします。

4 報道によれば,バケ郡ネパールガンジでは,5月5日午前11時から3日間の外出禁止令が発出されるなど,今後の状況によっては,各地で同様の規制がなされる可能性もあります。
 また,各地において警察と規制に抗議する住民による衝突が起きているとの報道もありますので,テレビやインターネットで最新の情報を入手して行動するとともに,衝突が起きている現場を含め人の集まる場所には近寄らないなど,十分注意をお願いします。

– 以上転載内容 –

ロックダウンはまたも延長。

ネパールでの感染者数51人。(2020年4月27日現在)

ネパール政府発表のネパール国内の現時点での新型コロナ(COVID-19)感染者数は51人。

そのうち、回復者が16名、35人が治療中、という状況です。

ネパール全国ロックダウン再延長決定。

[在ネパール大使館からの注意喚起を転載します。]

ネパールでは新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として現在全国的なロックダウン[外出禁止令]が施行されています。

そのため、ラトナコーヒーポカラ 店は現在臨時休業中です。

再開できる日が1日も早くきますように。

日本大使館からのお知らせ

  (2020年4月27日付)

—以下転載内容—

ネパール政府の新型コロナウイルス感染拡大の予防措置
(ロックダウンの延長)について

1 報道によれば,ネパール政府は26日の閣議において,新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として,ロックダウンを5月7日(木)まで延長することを決定したとのことです。

2 4月上旬の報道によれば,外出禁止の指示に従わなかったとして,警察により1,300人以上が逮捕された他,多数の車両が押収されているとのことです。皆様におかれましては不要不急の外出を控えていだだくようお願いします。
 さらに,4月上旬には,タメル地区において外国人が強盗の被害に遭う事件が2件発生するなど,ロックダウンの長期化等により今後も不安定な状況が続くことが予想され,各種犯罪が増加する可能性がありますので十分注意をお願いします。

—転載内容以上—

○ネパール入国管理局
http://www.nepalimmigration.gov.np/

ネパールは全国ロックダウン。ポカラ店は現在臨時休業中です。

ネパール全国ロックダウン延長決定。

[在ネパール大使館からの注意喚起を転載します。]

 

ネパールでは新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として現在全国的なロックダウン[外出禁止令]が施行されています。

そのため、ラトナコーヒーポカラ 店は現在臨時休業中です。

再開できる日が1日も早くきますように。

 

 

日本大使館からのお知らせ

(2020年4月14日付)

—以下転載内容—

ネパール政府の新型コロナウイルス感染拡大の予防措置(ロックダウンの延長)について

1 報道によれば,ネパール政府は14日のハイレベル委員会において新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として,当初4月15日までとされていたロックダウンの期間を以下の通り延長することを決定したとのことです。

○ロックダウン期間:3月24日(火)~4月27日(月)

2 ロックダウンの長期化等により不安定な状況が続くことが予想され,今後,窃盗等の犯罪が増加する可能性がありますので,十分注意をお願いします。

—転載内容以上—

 

○ネパール入国管理局
http://www.nepalimmigration.gov.np/

 

完成が待ち遠しい!ネパールの観光地ポカラ、ヒマラヤ絶景の国際空港。

絶景のヒマラヤに囲まれた国際空港

ヒマラヤ山脈を間近で堪能できる世界的な観光地ポカラ。

2年ほど前から本格的に始まった国際空港の建設工事がなんと!順調に進んでいるようです!

計画が決まり工事が始まったとしても、なかなか完成しないのがネパールの公共事業。

地元ネパール人は「国際空港なんていつになるかわからないよ〜10年以内にできれば上出来だよー」っと半信半疑でした。

しかし、今回は本当に完成しそうな予感です。

ここはネパール…まだ確信は出来ません…

滑走路の舗装工事が完了!

滑走路が完成したというポカラ国際空港

当社のコーヒーの産地でもある高台の村に行ってみました。

とても立派な滑走路が出来ています!既にある国内線空港とはやはり比べものならない大きさ!

新空港は2500m滑走路を備え,ボーイング757,エアバス320クラスが離着陸できるとのこと。

唯一の国際空港があるカトマンズに寄らずに、絶景の街ポカラに直接やって来れる日が近づいています!

ポカラ国際空港は2021年7月完成予定です。

日本からの直行便!なんて実現したら夢のようなのですが…

春もヒマラヤ観光シーズン!ポカラのシンボル「マチャプチャレ」は今日も綺麗です。

春のヒマラヤは晴天率が下がります。

でも、もし晴れたなら、最高です!

晴天率がとても高い11月〜2月よりもヒマラヤは断然に綺麗。

なぜでしょう?

それは、山に雪がかかるから。

降りたての真っ白な雪に包まれた早朝のヒマラヤは、本当に本当に綺麗です。

3月を過ぎますと、名峰マチャプチャレをはじめヒマラヤが観れるのは朝の時間だけになっていきます。

ヒマラヤが美しく観られるかどうか…

一か八かのシーズン突入です。


http://ratnacoffee.com/nepal-coffee100percent-dripbag/

☀︎ネパール・ポカラのお天気☀︎ 気になるネパール観光地の気候【①ポカラの気温は?】

ポカラってどんな気候?

 

気候についてよく尋ねられます。

どんな服装で行ったらいいですか?

日本とだいたい同じなんでしょうか?

ヒマラヤが近いって言うくらいだからすごく寒いんでしょう?

 

とても参考になる資料を見つけました!

ネパール・ポカラの気温、東京との比較

 

朝晩の寒暖差にご注意ください!

 

同じ北半球ですので四季の変化はほぼ同じ。

ポカラの方が一年を通じて温暖です。

東京とポカラ、一番大きな違いは

ポカラは朝晩の寒暖差が大きい!

例えば上の図、1月について見てみましょう。

朝晩は東京とほぼ同じ、

でも日中は東京の5月や6月の気温になります。

 

冬のポカラでは朝はダウンジャケット、日中外を歩くときはシャツ一枚でもちょうどいい、

という日が多くあります。

 

まとめ

同じ時期の東京をイメージしつつ、
朝晩の寒暖差が大きいので調整できる服装をご準備ください。

 

ネパールのお土産は日本人にお馴染みの「ドリップバッグコーヒー」をおすすめします!

お土産にはドリップバッグが最適です。

 

旅行に行くとお土産は何にしようか〜…

と迷うもの。

置き物や飾り物などは好みに合うか分からず、

あとあと邪魔になってしまうことも…心配ですよね。

 

やはりお土産は食べきり飲みきりの

「残らないモノ」がオススメです。

 

日本ではまだそれほど知られていないネパールコーヒー。

日本のコーヒーショップでもそれほど多くは見かけません。

だからこそ日本の友人や家族にネパールのコーヒーをお土産にしたくなります。

 

でも実際に買うときに迷うのが

豆にするか… 粉にするか…

グラインダーをもっている人になら絶対に豆で買って行ってあげたい…でも…わざわざ持っているか聞くのもあれだし…

…と迷うものですよね。

お店の来られたお客様がよく悩んでおられるのを目にします。

 

そんなときのベストチョイスがあります。

ドリップバッグコーヒー!

 

これは特にバラマキ系のお土産に最高です。

日本ではなかなか飲めないネパールコーヒー。

お湯を沸かせば家でもオフィスでもどこでも簡単に飲めます。

グラインダーもドリッパーもいりません!

ドリップバッグコーヒーは日本人にはお馴染みですから

特に説明する必要もありません。

たいへん喜ばれるお土産です。

 

「モノ」は後に残らず、

残るモノといえば、美味しいコーヒーの余韻。

そして、忘れずにお土産を届けてくれた友人の優しい気遣い。

 

本当にちょうどいいお土産なんです。

 

ポカラのお店情報はこちらから。

ポカラ発!ネパール珈琲100%のドリップバッグ発売中!

 

カトマンズでも入手できます。

カトマンズで絶対にオススメのお土産屋さん!「ネパール ガネーシャ」を紹介します。

 

ネパール人にとっての「オーガニックコーヒー」とは?

最近のカトマンズやポカラで増えてきたコーヒーショップ。

カトマンズではそこらじゅうにカフェがあります。

ポカラでもどんどん増えている今日この頃。

スターバックスに代表されるシアトル系深煎りコーヒー、

セカンドウェーヴ的な店舗がほとんどです。

 

店舗名によく「ORGANIC」の言葉が入っています。

本当にオーガニック??

 

答えは、いいえ。

残念ながら私たち日本人が考えるような「オーガニック」ではありません。

 

ネパール では「ネスカフェ」等のインスタントコーヒーが今でも主流。

実はそれ以外の焙煎コーヒーのことを「オーガニックコーヒー」と呼んでいます。

そう、決してオーガニック認証があるコーヒー、というわけではないのです。

 

インスタントではないものはオーガニック。

焙煎コーヒーのことをネパールでは「オーガニックコーヒー」と言います。