陶器の街「ティミ」

カトマンズから東へ約10km。先住民族ネワールの街ティミ。

16世紀に建てられた寺院など、歴史的建造物が数多くあります。しかし、2015年4月25日に起きたネパール大地震でこの街は大きな被害を受けました。

地震から約5ヶ月、地震後初めての訪問です。

訪ねてみると、予想していたより街には活気がありました。多くの家で焼き物を再開しています。

image

しかし、いまだに多くの家がつっかえ棒で支えられている状態。

image

image

活気は取り戻しつつあるものの、地震の爪痕は深いものがあります。

image

実は4月の震災前、ラトナヒマラヤンコーヒーは、ここティミで高品質な陶器を作っているサンタ・プラジャパティさんにオリジナルマグカップの生産を発注していました。

地震後すぐに連絡してみると、工場の職員、家族達は皆無事ということでほっとしました。しかし、しばらくは屋外生活になるとのこと。職員数人の家は全壊。他のほとんどの家が大きな被害を受けたそうです。

そんな状況にもかかわらずサンタさん、「注文してもらったカップは遅れてしまうけど必ず準備するからね!」とおっしゃってくださったのです。

本当に大変な状況でも成し遂げようとしてくださる力強い言葉に私たちは感動しました。

 

注文してから待つこと7ヶ月、 ついに先日「完成したよー!」とお電話をいただいたのです。

ついに完成です!

 

続きはこちらから

陶器の都ティミより。オリジナルマグカップ完成!

 

 

ラトナ陶器の活用法はこちら!

ラトナコーヒーのネパール陶器活用法! ー ① カプチーノカップ編